2021年9月24日金曜日

歌の暗譜方法

Q.歌を暗譜するのに一苦労します。

暗譜方法をご紹介頂けるでしょうか?

A.歌ったり、聴いたりしているうちに

自然に覚えてしまうというのが理想的ですが、

そうも行かない時が殆どですよね。

歌詞が外国語であれ、日本語であれ暗譜に困る

ポイントは次の3つに当てはまると思います。

1.歌詞の暗譜

2.出のきっかけの暗譜

3.表現内容の暗譜

明日から上記3点に関してアップしますね。



2021年9月23日木曜日

伴奏合せ開始

 昨日より、声楽発表会の伴奏合せが

始まりました。

例年は、全員同日で行っていましたが、

密を避けるため全5日で行っています。

場所はファミリエ音楽教室ですので

お間違いありませんように。


2021年9月22日水曜日

伴奏合せ

 Q.声楽発表会の為の伴奏合せを

上手に行うポイントを教えてください。

A.参考までに書いてみます。

1 歌いやすいテンポを定める。

2 息継ぎの場所で、ブレスしづらいところは

待ってもらうなどの指示。

3 ダイナミックスや楽語記号などの

音楽表現のすり合わせ。

4 暗譜で歌えるか(暗譜の場合)

こんな感じで進めてみましょう。

2021年9月21日火曜日

動画

 10/3の声楽発表会では

動画を撮影します。

発表会後は

データで演奏者に

送信する予定です。

2021年9月20日月曜日

大きな音符♩

 シニアピアノの体験にいらした方が

「近年、眼が見えにくくなっていたのですが、

大きく印刷されているシニア用の

楽譜を見て、安心しました」と仰いました。

エイジングにより、目、手の動きの変化に

不安を持たれる方がいらっしゃると思います。

エイジングなどに関することも書かれている

シニアピアノに関する本を読んでみるのもオススメです。

元吉ひろみ著、ヤマハミュージックホールディングス出版。

「今日から弾ける いきいきピアノ」

台東区立の図書館で借りられます。

2021年9月19日日曜日

秋の夜長

新学期が始まって2週間経ち

日が短くなり、涼しくなってきました。

秋の夜長に、読書、映画鑑賞、

絵画、書道など屋内での活動が

より楽しめる時期です。

コロナで生演奏を聴きに行く機会が

減ってしまいましたが

そんな夜長に演奏してみたい

曲を探したり、曲のイメージに合う

絵画を探す時間に当ててみては

いかがでしょう。



2021年9月18日土曜日

計画表を作ってみませんか?

ピアノの練習ばかりでなく

試験勉強、仕事、夢の実現!?などに

役に立つ、計画表。

子供の頃から、少しずつ身に付けて

いかれたらいいですね。

有意義な時間の使い方ができるようになります。

「目標を設定し、計画を立て、実行し、振り返る」

という流れを大切に作ってみましょう。

初めは達成感を大切にしながら

スローペースや手の届く目標を

設定するのがコツです。

そして、振り返りはとても大切です。


2021年9月17日金曜日

自宅での歌の練習

自宅で歌の練習をする場合、

窓を閉め切って、音漏れが

少ないように苦心されている方も

多いのではないでしょうか?

音漏れを気にしながら練習すると

身体に余計な力が加わり上手く練習

できません。

そんな時は、声を出さずに

歌う際と同じ支えや口形を再現する練習を

オススメします。

2021年9月16日木曜日

様々な演奏に触れる

新しい曲を学ぶ際に 

動画やCD音源などがあれば、

聴いてみましょう。

他人の演奏を聴くことで

様々な解釈や演奏アイデアが

湧きます。

また好きな演奏を見つけたら

何処が好きなのか、考えてみましょう。

音色、ダイナミックスのつけ方、

テンポの揺れなどなど。

2021年9月15日水曜日

シニアは午前だけ?

Q.シニアピアノは午前だけですか?

午前以外にも可能であれば、

19時以降のレッスンを希望します。

A.問い合せフォームにお送りくださり

ありがとうございます。

月、土、日曜日であれば

19時以降に行うことも可能です。


2021年9月14日火曜日

シニアピアノチラシ

 シニアピアノのチラシを

ファミリエの窓に貼り出しました。

現在5名の生徒さんが登録されています。

生徒さんのペースに添ったレッスン

を心がけています。

興味の有る方は、体験レッスンに

いらしてください。

2021年9月13日月曜日

ヘルマン・ヘッセの言葉

ノーベル文学賞受賞のドイツの小説家・詩人

ヘルマン・ヘッセ(1877~1962)の言葉。

・・・・・・・・・・・・・・・・

詩は音楽にならなかった言葉であり、

音楽は言葉にならなかった詩である。

          ヘルマン・ヘッセ

・・・・・・・・・・・・・・・・


2021年9月12日日曜日

ショパンの『幻想即興曲』

『即興曲第4番 嬰ハ短調 遺作 作品66』が正式名称です。

これほどの名曲にも拘わらず、

ショパンは世間に発表することを望まなかったと

伝えられています。

ショパンの死後、彼の友人であった

ユリアン・フォンタナによって

『幻想即興曲』と名づけられ発表されました。

現在は、フォンタナが手を加えたといわれるバージョンと、

1962年にアルトゥール・ルービンシュタインが出版した版があります。